☆うさぎの2ぴょんとのドタバタ生活日記☆: ロイの状態

2012年04月26日

ロイの状態

3月12日から2週間入院もうやだ〜(悲しい顔)そして退院後、1日おきに点滴をうちに病院通いあせあせ(飛び散る汗)

それも、うさママは車(セダン)運転できないので、電車で通院電車

この電車、鉄道博物館に行くときに乗る「ニューシャトル」という電車というよりバスに近い乗り物。

ただ、階段しかなくてロイを軽いほうのバスケットに入れて、私のバッグももって

階段の上り下りは結構辛いふらふら

しかし、点滴をしないと●が出ないあせあせ(飛び散る汗)

それに、赤血球値が右斜め上上がってしまい、脱水状態もうやだ〜(悲しい顔)

白血球の値も右斜め下低くなりすぎて炎症などをおこしてしまうもうやだ〜(悲しい顔)

そして、一番の問題が肝臓の値だがく〜(落胆した顔)

まだ、これらの値はこの間の土曜日(2週間に1回)検査しているが、正常値に戻ってないもうやだ〜(悲しい顔)

入院したときなんか、採血もできないほど脱水状態だったふらふら

それに比べて今は採血はできるようになっただけでも良しとしないといけないかも

しれないけど、高齢だから治る見込みはあまりないらしいもうやだ〜(悲しい顔)

ただ、これ以上悪くならないように点滴と薬で維持しているあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

もう可愛そうで仕方ないもうやだ〜(悲しい顔)

変わってあげたいが、うさママ自体が点滴のお世話になっている身体ちっ(怒った顔)

親子して点滴ばかりもうやだ〜(悲しい顔)

この病気になってから右目の開きも悪くなり眼球が少し凹んでいると言われ、

目薬も差しているふらふら

こんな状態で、点滴を打たせたり薬を飲ませたり、目薬を差されたり

ということでいいのか?と疑問に思うと気がある。

しかし、うさママとしては少しでも長生きしてほしい気持ちがあるちっ(怒った顔)

この考えは、親としての勝手な思いなのだろうか?

ふくろもかかる。

もっと早く保険というものを知っていて、保険に入っておけばよかったと

後悔しているもうやだ〜(悲しい顔)

今、うさママは首のヘルニアと頭の痛い状態がひどかったので、針灸に通っている

のだが、そこの先生がロイにも針やってみようか?

と言いだしたあせあせ(飛び散る汗)

実際、猫とか犬にやっている先生もいるらしいがく〜(落胆した顔)

冒険だが、今度私の行くときにロイも連れて行ってみようかと思っている。

もちろんふくろは高い。

しかし、それでロイが良くなってくれて長生きしてくれるならと、

今までうさママが働いて貯金していたものを全部解約してふくろを用意したもうやだ〜(悲しい顔)

うさママの実母には、「そんなものにお金かけてむかっ(怒り)

ともいわれるが、ロイもアンもそんなものではなく、家族だからハートたち(複数ハート)

皆さんならどうしますか?

うさママのやっていることは無駄なのでしょうか?

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 うさぎブログ 老うさぎ・高齢うさぎへ
にほんブログ村
posted by うさぎ大好きママ at 20:11| Comment(1) | ホーランドロップのロイのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あなたのBloggerが好きで、あなたの更新の文章を期待します
Posted by 激安サッカースパイク at 2012年12月05日 23:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。